北九州の黒崎で洋食居酒屋その名も「洋食屋」を営みながらお店の事やレシピなどをお伝えしようと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by プラネタシャルドネ
 
[スポンサー広告
カキと水菜のぺペロンチーノスパゲティ
パスタに使うカキはスーパーで売ってるパックに
入ったカキでいいのですが、

必ず「加熱用」と書いてあるのにしてください。

「え?生食用でもいいじゃない!むしろ新鮮だし。」

こんな声が聞こえてきそうですが


「加熱用」は当然「生で食べれませんよ」と
いう意味合いで使われているのですが

必ずしも古いから加熱用になってるわけじゃないんです。

洗浄や殺菌をしてパック詰めしてるのが生食用で
そうでないのが加熱用なのです。

古い新しいを示したものではないのです

当然、生食用でも消費期限過ぎると危険ですが・・・


で、生食用がなんでダメかと言うと、菌を減らすための
洗浄ですが、同時に旨味も抜けていくんですね。

なので、カキから出る「旨味」を存分に使うパスタには
若干安い加熱用で十分なのです。


前置きが長くなりましたので行きます!

◆材料◆
1人前
カキ・・・5,6個
オリーブオイル・・・30cc
にんにく・・・2かけ
鷹の爪・・・1/2本
白ワイン・・・30cc
水菜・・・少々
スパゲティ・・・80g
塩・・・少々


◆作り方◆
フライパンに潰したにんにくとオリーブオイルを入れ
火にかけて弱火でじっくり色を付ける
RIMG0237.jpg




にんにくが色づいたら、鷹の爪、ベーコンを入れて
ベーコンに少し色が付くまで弱火で炒める
RIMG0240.jpg




今回は業務用の冷凍カキを使用。実はこっちの方が
身とエキス分を丸ごと凍らせているので旨味が濃いです
RIMG0238.jpg




これを電子レンジでチンするとこんなに水分が。
この汁も旨味のもとです。
RIMG0244.jpg




汁ごとさっきのフライパンに加え
RIMG0245.jpg




中火で水分を飛ばしながら少し色付くくらい炒めます
この時にカキはあまり動かさないでください。
片面が少し焼けたら1回ひっくり返して炒めます
RIMG0248.jpg





この辺で白ワインを加えます
RIMG0249.jpg





カキはずっと加熱しているとかなり縮むので
いったん外しておきます
RIMG0250.jpg




水を少し足して火を止めておきます
RIMG0251.jpg




麺ゆで用の鍋にお湯と1%の塩を加えて沸かし
麺を入れます(お湯3リットルなら塩30g)
RIMG0246.jpg




麺の袋に書いてある標準ゆで時間の1分前に麺をフライパンに移し
弱火で麺にスープを吸わせる(1分位)
RIMG0252.jpg





火を止めてから取り出しておいたカキと
ざく切りにした水菜を加え2,3回あおる
(フライパンを持ち上げてひょいっと具を返す感じ)
RIMG0254.jpg





完成
RIMG0255.jpg





水菜を入れたらすぐに仕上げないとせっかくの
食感がなくなります
あと、オイルと水分を上手に「乳化」出来ると
完璧なパスタになります。
乳化についてはまた次回書きます。




ちょっと長すぎたかな。
画像も多用したのでかえって見辛いかも・・・

よかったら感想を聞かせて下さい







Posted by プラネタシャルドネ
comment:0   trackback:0
[レシピ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takimoto137.blog137.fc2.com/tb.php/16-62e3d819
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。