北九州の黒崎で洋食居酒屋その名も「洋食屋」を営みながらお店の事やレシピなどをお伝えしようと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by プラネタシャルドネ
 
[スポンサー広告
ワインの試飲会
先日、モトックスというワイン輸入会社が主催の
春のワイン試飲会に行ってきました。


場所は西鉄グランドホテル。
こんな時にしか行く事のない場所です。


会場に入るとこんな感じです
CA3A0272.jpg



約80種類のワインが無料で試飲できます。

今回は別に有料試飲コーナーもあって1本2~3万のワインが
1杯500円で飲めます。

帰って仕事だったのでそれはやめておきました。


中には生産者も来日して、ここぞとばかりに売り込んでいます。
イタリアからだったかな
CA3A0273.jpg



ちなみに試飲のときは基本的に口に含むだけで出します。
バケツに

みんな漏斗のついたバケツにペッと吐きます。


でも終わるころには酔ってしまいますね






スポンサーサイト
Posted by プラネタシャルドネ
comment:0   trackback:0
[食べ歩き
カルボナーラ
カルボナーラはお店によって色々作り方があるようです。
洋食屋ではソテーパンはベーコンを炒めるときにしか
使いません。

麺を和えるときはボールを使います。
以前はソテーパンの中ですべて作っていたのですが
もっと美味しいカルボを!
という思いから色々なレシピを参考にしているうちに
このスタイルに変わりました。

今のところ、これが一番おいしいと思って作っています。
ので、もっと美味しい作り方発見したらやめるかも


◆材料◆

1人前
ベーコン・・・30g
卵・・・1個
生クリーム・・・スプーン大1
パルミジャーノ(チーズ)・・・10g
白ワイン・・・30cc
オリーブオイル・・・スプーン大2
塩・・・少々
ブラックペッパー・・・多め
麺・・・80g



◆作り方◆

フライパンにオリーブオイルを分量入れて
ベーコン加え炒める
RIMG0318 - コピー

ベーコンに茶色い焼き色がついてきたら
中火でもう少し我慢して炒め続けます。
この茶色くなった部分が
この料理の味を左右すると言っても良いくらいです




白ワインを入れ強火で水分を飛ばします。
油が飛ぶのであぶないようなら中火くらいでも。
ワインの水分が蒸発していないと出来上がりが酸っぱくなります
RIMG0322 - コピー

火を止めておきます。


ボールに卵、すりおろしたチーズ、生クリーム
塩、ブラックペッパーを全部入れます
ベーコンとチーズの塩気があるので塩は少しです。
不安なら塩は麺を和えた後に加えても
RIMG0320 - コピー


チーズは出来るだけ塊を買ってすりおろしてください。
味が全然違います。
ちなみにファミレスとかでピザとかにかける
緑の細い筒状のパルメザンチーズはいただけません。
ぜんぜん別物になっちゃいます


炒めたベーコンが少し冷めたら具の入ったボールに加えます
油も全部です。
RIMG0323 - コピー


この油と卵液とパスタの茹で汁を混ぜ合わせて乳化させるのが
最大のポイントです。
RIMG0324 - コピー



麺をゆでるお湯を沸かし、湯量の1%の塩を入れて
麺をゆでます。通常は麺の袋に書いてあるゆで時間の
1分前くらいにお湯を切るのですが
このカルボはボールでソースと和えるので標準ゆで時間でお湯を切ります。
お湯はあとで湯煎する場合があるので捨てずにとっておきます。
RIMG0326 - コピー


麺をボールに入れたらすぐにフォークなどで混ぜます。
そのまま置いておくと熱でソースがモソモソしだします。

水分はほとんどなくて良いのですが、ちょっと団子状になるようでしたら
スプーン1,2杯の茹で汁を加え伸ばし、水分が多いようなら
茹で汁の上で湯煎しながら混ぜてとろみをつけて調節します。
こんなふうに
RIMG0328 - コピー

味見して薄いようなら塩で調節します。
完成!
RIMG0329.jpg


お皿に盛った時にソースが写真くらいがベストです。



カルボナーラは女性にとても人気ですね。
僕はもったりするのでふだんあまり食べないのですが





Posted by プラネタシャルドネ
comment:3   trackback:0
[レシピ
パルマのプロシュート(生ハム)
神戸にある、イタリア食材専門の卸業者に注文して取り寄せてもらう
イタリアのパルマ産プロシュート
RIMG0834.jpg


プロシュートはイタリア語で「生ハム」です


世の中には「世界三大ほにゃらら」がたくさんありますが
生ハムの世界にもあるんです。


一番有名なのはスペインのハモンイベリコでしょう。
ちなみにハモンはスペイン語でハムのこと。

あのドングリ食べて育ったというやつ。水分がかなり抜けてて
旨味がぎゅぎゅっと濃縮された感じです。



そしてこのパルマのプロシュートはイベリコよりも水分が
残ってる感があり、ミルキーでマイルドな印象です。
RIMG0640 - コピー


値段はイベリコの方が数倍高いです


僕はどちらかと言うと、口の中で脂と肉が一体となって
スッと溶けていくパルマの方が好きです。


3つ目は中国の金華ハムです。
この金華ハム・・・



見た事も食べた事もないので何も書けません











Posted by プラネタシャルドネ
comment:2   trackback:0
[お知らせ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。